コエール 2020 開催概要(終了)

日時:202074日(土)13:30開演

場所:オンライン配信

チケット:2,000 円 ※関係者割引あり

2019の概要はこちら

たくさんのご参加ありがとうございました。

イルミネーター紹介

子ども時代の経験をスピーチ。当事者の声で問題に光をあてる。

ヨウ

7歳:両親の離婚により、母子家庭で育つ
14歳:母が精神科の入退院を繰り返すようになり、兄妹3人で生活することが増える
16歳:児童養護施設に措置される
18歳:施設退所後、大学に進学

児童養護施設にいる子は、好き好んで施設にいる訳ではありません。
親を頼れない子どもたちが抱える、不自由さを知ってほしい。

ほか4名

アクティビスト紹介

解決の糸口を探るプレゼンテーション。実行者がソーシャルアクションを提案する。

NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事

高祖 常子さん

子育てアドバイザー、キャリアコンサルタント。「体罰等によらない子育ての推進に関する検討会」(厚生労働省)構成員(2019年)を務める。著書は『こんなときどうしたらいいの?感情的にならない子育て』(かんき出版)他。

うきわネットワーク代表

井田 裕之さん

大学卒業後、企業に勤めながら「いじめによる自殺を無くす」「いじめ対策にもITを」というスローガンのもと、2015年にいじめ報告サイト「うきわネットワーク」を開設。各教育機関と連携しながら、仲間とともに邁進中。

NPO法人ブリッジフォースマイル 調査・研究担当

豊田 美紀さん

調査会社にてデータ分析や法人営業を担当。2019年、NPO法人ブリッジフォースマイルに入職。コエール2019に登壇したイルミネーターによる問題提起をきっかけに「親権者の同意に関する実態調査」を行う。

司会

町 亞聖さん

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。
その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者としてがん医療、医療事故、難病などの医療問題や介護問題などを取材。
“生涯現役アナウンサー”でいるために2011年にフリーに転身
医療と介護を生涯のテーマに取材、啓発活動を続ける。

公式ブログ http://ameblo.jp/machi-asei/

<出演番組>
文化放送 毎週土曜あさ5時35分~5時50分
「みんなにエール!~障害者スポーツ応援番組~」
ニッポン放送 毎週日曜あさ6時25分~6時55分
「ウィークエンドケアタイム「ひだまりハウス~うつ病・認知症を語ろう~」

ゆーせー

1999年 福岡生まれ。
15歳から18歳まで、児童養護施設で生活する。
コエール2019にイルミネーターとして登壇。
現在、新聞奨学生をしながら、専門学校に通う。
声優と舞台俳優を目指して活動中。

親ありき日本をこえることを目指して、
ソーシャルアクションを起こします。
誰もが生まれ育った環境に縛られることなく未来を切り開けるように、
親を頼れない子どもたちの存在を発信するべく生まれた“Coyell”。

実際の声を聞いて、親ありき日本をこえる仲間になってください。

本番までの5ヶ月間の記録

イルミネーターのスピーチ

イルミネーターが舞台で語った”親を頼れない経験”
同じような経験をしている子どもの存在に光を当てた、
若者による心からの訴えです。
スピーチの一部を紹介し、
社会的な背景や課題をあらわにします。

協賛企業

Gold Sponsor

スイス再保険会社/スイス損害保険会社

日本オラクル株式会社

Silver Sponsor

QPeace

Bronze Sponsor

国際石油開発帝石株式会社有志

ザ・リッツ・カールトン東京

メンターキャピタル税理士法人

リプレット基金事業財団

協力企業・団体

認定NPO法人サービスグラント

株式会社パソナグループ

株式会社フジテレビジョン

■運営団体

認定NPO法人ブリッジフォースマイル 代表者:林恵子

2004年より、児童養護施設や里親家庭等の中高生、退所者を支援している。

Copyright©Bridge for Smile. All Rights Reserved.